夏の危険(ノミ・ダニ)

暑い季節になると、
わんちゃんにとって気を付けなければならないことがあります。

まず、絵文字熱中症。
それから、ノミやダニなどの寄生虫絵文字です。

特に山などに行かなくとも、
外をお散歩しているだけで
本当に簡単に寄生されてしまいます。

ノミ・ダニに寄生されたわんちゃんは、
かゆいだけでなく、
ノミ・ダニが持っている条虫(体内部の寄生虫)に感染したり、
病原菌により、病気を発症してしまう可能性もあります。絵文字
また、人にもうつるため、
飼い主さん自身も、かゆみや、病気の危険にさらされることになってしまいます。


絵文字ノミ・ダニは簡単に防ぐことができます絵文字↓↓

・動物病院での定期的な予防&駆除
(市販の予防薬は獣医さんのものの20%程度しか効きません)
・ボディチェック
(脱毛、皮膚に赤みはないですか?ブラッシング等のときに、黒い細かいゴミのようなものがあれば、ノミのフンかもしれません。また、後ろ足で体を掻いたり、腰のあたりを噛む、首を振るなどの行動がみられます。)
・夏季は毛を短めに保つ
(ノミ・ダニを発見しやすくなります)

ノミの成虫を手で取ることはできても、
目に見えない卵や幼虫まで駆除する事は不可能です(動物病院での駆除が必要です)

他のわんちゃんにうつる可能性があることから、
Wan-upでは、
ノミがたくさん寄生した状態のわんちゃんのトリミングはできません。

絵文字絵文字獣医さんでの予防が、一番効果的です。
少しお金はかかってしまいますが絵文字
大切なわんちゃん、そして、ご家族(人間)のために、
ノミ・ダニの予防&対策をしてあげてくださいね絵文字



前の記事
次の記事