サイトマップ

カラーリング

2015年08月26日
看板犬のちょこ、
毛染めに挑戦しました絵文字
画像

お耳と、
足先を、
”オレンジブラウン”というカラーで染めましたが、

染め中は、
座れないし(足先の染粉がおしりについてしまうので)、
お耳を染めるので、プルプルできないしで、

なかなか大変でした絵文字

こういうとき、
トリマーが2人いたらなぁって、思います。
(支えてもらえるから)

「耳だけ」「足先だけ」とかなら、まだ良かったかな。

ちょこも、おつかれさま~。

画像

(↑↑足先が暑苦しく感じたので、
足先バリカンをして、カラーの部分を減らし、
軽いイメージ絵文字にました)

※ Wan-upでも、
この先、
耳や尾などの
簡単な毛染めをお受けしていこうかと検討中ですが、

毛染剤のストックがありませんので、
「毛染め剤代(取り寄せのため時間がかかります)+施術料」
という形になると思います。

値段等決定して、スタートしましたら、
また料金表を改定しますね。


4日、お休みをいただいて、
トリマー向け講習会絵文字に行ってきました。

今回は、犬の皮膚に関するセミナーです。

トリマーは、獣医さん絵文字ではありませんので、
「診断」はできません。

ただ、トリマーは、
たぶん獣医さんの普通の健康診断より、
犬の皮膚をくまなく見ている絵文字と思います。

ですので、異常に対して、
「早期発見絵文字」することができます。

できもの、しこり、脱毛など、
わんちゃんの「変化」に気づいて、
獣医さんへの架け橋にすることも、
トリマーの役目です。

今回の講習会では、
「皮膚おたく」的な先生が、熱く絵文字皮膚について語っておられました。

皮膚って、ひとつの「臓器」なんですね。
目からうろこ絵文字でした。

美容によって、逆に皮膚に
刺激を与えてしまうこともあります。
いかに少ない刺激でトリミングをするかというのも、難しい問題です。

これまで普通にサロンでしてきた、
「耳毛抜き」
に対する考えも変わってきているようです。

通気性絵文字のためにするべきと思っていた、
耳毛抜きなのですが、
必要なのかどうか、獣医さんでも意見は分かれる絵文字ようです。

これに関しては、まだ私も考えがまとまらない絵文字ので、
いろいろな方に相談して、
Wan-upの方針もより良い方法を探っていきたいとおもいます。